TEL:082-568-6630

広島市東区二葉の里3丁目4-6

完全予約制

広島市東区二葉の里 ホワイトニング 審美歯科 義歯 入れ歯のことならふたばの里歯科

審美歯科

JR広島駅のふたばの里歯科 歯科/歯医者の予約はEPARK歯科へ

求人案内
Mobile SITE
HOME»  審美歯科

審美歯科

歯の色、歯並び等の改善。古い修復物の色調改善、各ケースに最適な方法のご提供を致します。

インレー

虫歯の治療後の金属は、口を開けて笑った時などに目立ってしまいます。
このインレー(詰め物)は、歯の色素と同じカラーで作成しますので健康的で自然な美しさがよみがえります。
今まで詰めていた奥歯の金属を、セラミックインレーに替える方が増えています。


  • before

  • after
  • 治療期間・・・2~3回(歯の本数と歯ぐきの状態で異なります)
  • 治療のポイント・・・透明感のある、より自然な感じに仕上がります。(歯ぐきの治療が必要な場合もあります)

素材の種類

インレーを作る素材にはいろいろな材質があり、使用する材質によって、耐久性や見た目、歯の影響などが異なります。一部の材料は保険の適用範囲外になります。

【保険】

●金銀、パラジウム合銀インレー
金銀パラジウム合銀(金の含有量は12%)を高温で溶かし鋳型を研磨して作製した素材。

メリット
  • 耐久性が高い。
  • 保険の適用範囲内で使用できる。
デメリット
  • 審美性に劣っている。
  • 金属アレルギーの方には適していない。
  • 被せたものと歯とのすきまができやすい。

【自費】
●ハイブリッドセラミックスインレー 92%のセラミックと微量のプラスチックが混ざった新しい素材です。
メリット
  • 天然歯とほぼ同じ色に作ることができる。
  • 変色がない
デメリット
  • 摩耗に弱い
  • 衝撃に弱い(歯ぎしりや咬み合わせの強い人など)

●セラミックスインレー
100%のセラミック素材。

メリット
  • 天然歯とほぼ同じ色に作ることができる。
  • 変色がない
  • 衝撃に弱い(歯ぎしりや咬み合わせの強い人など)
デメリット
  • 衝撃に弱い
  • ハイブリッドセラミックスより耐久性に優れている。

●審美CR
保険のCR(コンポジットレジン)と異なる特殊CR材料で、 臼歯部でも耐えうる特性と色調を調合することによりより天然歯に近い色を再現することができる。

メリット
  • 即時修復を完了することができる。
デメリット
  • 衝撃に弱い

●ゴールドインレー
銀パラジウムの合金より柔らかく、生体への親和性に優れた素材。

メリット
  • 歯と同等の硬度なので自然な咬み合わせが確保される。
  • 削った歯の面との封鎖性が良く虫歯になりにくい。 
  • 耐久性が高い。
デメリット
  • 天然の歯と同じように色はなじまない。

●e.max
ガラスセラミックスを高温で溶かして注入冷却した素材。

メリット
  • 透明感があり自然な色に仕上がる。
  • オールセラミックスより耐久性に優れ、エナメル質に一番近い素材なので隣在歯にも優しく奥歯の単冠に適している。
デメリット
  • 摩耗に弱い
  • ハイブリッドセラミックスより耐久性に優れている。

クラウン

大きな虫歯を治療した時、残っている歯を保護するために、すっぽりと冠をかぶせていきます。
このかぶせもののことを「クラウン」といいます。

クラウンをしっかりと装着するために、歯の根に土台をたて、そこに元の歯と同じ形に作ったクラウンをかぶせていきます。

素材の種類

クラウンを作る材質には色々な材質があり、使用する材質によって、耐久性や見た目、歯への影響などが異なります。
一部の材料は保険の適用範囲外になります。

【保険】

●レジン銀合金冠(プラスチック)
中身は金属(金銀パラジウム合銀)で、外から見える部分にのみレジン(プラスチック)を貼り付けた素材。

メリット
  • 見た目が白い歯にできる。
  • 保険的用で安価。
デメリット
  • 変色しやすい。
  • 裏側の金属が見えることがある。
  • 金属アレルギーの方には適さない。

【自費】
●ハイブリッドセラミックス
92%のセラミックと微量のプラスチックが混ざった新しい素材。
メリット
  • 天然歯とほぼ同じ色に作ることができる。
  • 変色がない
デメリット
  • 摩耗に弱い
  • 衝撃に弱い(歯ぎしりや咬み合わせの強い人など)

●メタルボンド
優しい安全な金合金のフレームに、セラミックを焼き付けて作る素材。

メリット
  • 天然歯とほぼ同じ色に作ることができる。
  • 変色がない。
  • 摩耗に強い。
  • 硬質レジン前装冠に比べ耐久性が高い。
  • かけたり、すりへったりしにくいので良い咬み合わせをつくることができる。
デメリット
  • 時間の経過と共に、金属分が見えたり、金属イオンが歯ぐきに付着して黒ずんだりすることもある。

●オールセラミック
フレームにジルコニアを用い、周りを全てセラミックで作った素材。

メリット
  • フレームの金属が無いので、みずみずしく透き通った美しい見た目。
  • 金属アレルギーの方に適している。
デメリット
  • 天然の歯と同じように色はなじまない。
  • 強い衝撃を受けると割れることがある。
  • 他の被せ物と比べて、歯を削る量が多い。
  • 費用がかかる。

●ジルコニアクラウン
透明でダイヤモンドに近い、高い屈折率を有した、耐久性セラミック素材。

メリット
  • セラミックの中でも一番すぐれた審美性と耐久性がある。
  • メタルフリーで金属アレルギーの方に適している。
  • 奥歯・セラミック連冠・セラミックブリッジも適している。
デメリット
  • 費用がかかる。

●e.max
ガラスセラミックスを高温で溶かして注入冷却した素材。

メリット
  • 天然歯と同じ透過性がある。
  • オールセラミックスより耐久性に優れ、エナメル質に一番近い素材なので隣在歯にも優しく奥歯の単冠に適している。
デメリット
  • 適合、色調再現性に差が出ることがある。
PageTop